脱毛クリームはデリケートゾーンにも使えるのか調べてみた!

脱毛クリームは、毛根から脱毛することができるます。そのため、カミソリで剃るよりもきれいにお手入れできる、と愛用者が割りといます。それに、最近の脱毛クリームは、昔のものと違ってツンとしたニオイがしないのもいいですよね。保湿成分が配合されていて、敏感肌の人でも安心して使用できるタイプもあります。でも、デリケートゾーンの脱毛に使用することはできるのでしょうか?調べてみましたので参考にしてみて下さいね。

デリケートゾーンに脱毛クリームを使うのはNGなのでしょうか?

脱毛クリームは、仕上がりがきれいで、ワックス脱毛のように痛くない上に、自宅で手軽にムダ毛処理を行うことができます。パーマ液にも配合されているチオグリコール酸カルシウムという成分は、髪の主成分となっているケラチンというたんぱく質を溶かす働きをします。毛だけに反応してくれるといいのですが、同じくたんぱく質で構成されている皮膚も溶かしてしまいます。なので、脱毛クリームの効果を最大限にしようと思って、指示されている時間よりも長く放置すると、肌荒れの原因となってしまいます。ましてや、デリケートゾーンのお手入れに使用するのは、かなり危険なことです。肌バリアが壊れて、デリケートゾーンがただれてしまう恐れがあります。しかし、最近ではデリケートゾーンにも使える脱毛クリームも販売されています。

残念なことにデリケートゾーン用の脱毛クリームは効果が薄い

デリケートゾーンにも使える脱毛クリームは、保湿成分もしっかり配合されています。しかし、デリケートゾーンにも使えるだけあって、太い毛には向いていないという口コミが多く見られます。原因は、チオグリコール酸カルシウムの配合量を控えめにして、肌へのダメージを少なくしているためです。アンダーヘアの毛が細い人だと、効果はあるようです。それでも、10分きっちり時間を置かないと毛が溶けないようです。また、アンダーヘア用だとしても、肌が弱い人が使用すると、アレルギーを起こしてしまったり、炎症を起こしてしまう恐れがあります。なにしろ、デリケートゾーンの皮膚は、体の中で最も薄いとされているので、ダメージを受けやすいのです。

デリケートゾーンを脱毛クリームでお手入れるよりも光脱毛がおすすめ

毛が薄い人は、デリケートゾーンを脱毛クリームで、お手入れしても上手に脱毛することができると思います。しかし、毛が太い人の場合は、脱毛クリームを使うとどうしても毛が残ってしまいます。長期的なことを考えると、脱毛サロンでVIO脱毛をした方が確実にきれいに処理すること可能です。光脱毛をデリケートゾーンに照射すると、多少の痛みが伴いますが、脱毛クリームを習慣的に使用することで、黒ずみのができてしまうよりずっといいですよ。また、光脱毛で毛量を軽くすることで、生理中のニオイを軽減することもできます。急に水着になる予定が入ったりした場合は、脱毛クリームで簡単に処理することができて便利ですが、長い目で見ると脱毛サロンがおすすめです。
参考URL:https://xn--vio-kc4bs651a2or62l.jp/249.html

脱毛クリームはデリケートゾーンには強過ぎるのでよく考えて

脱毛クリームには、髪と皮膚を溶かすチオグリコール酸カルシウムという強い成分が配合されています。そのため、皮膚が薄いデリケートゾーンを脱毛クリームでお手入れするのは、あまりおすすできません。急いでいる場合は、便利ですが毛が太いと思うような仕上がりになりません。黒ずみのない清潔なデリケートゾーンを保つためには、脱毛サロンでのお手入れがベストです。恥ずかしい場合は、家庭用脱毛器でお手入れしてみましょう。